最近流行している断捨離ですが、いろいろないいことがありますが

本当にいいことばかりでしょうか?

断捨離とは、不要なモノなどの数を減らし、生活や人生に調和をもたらそうとする生活術や処世術のこと。

Wikipedia-断捨離

確かに、モノを少なくすることで部屋がすっきりして探しやすくなったり

しますよね。また、人間には所有できるモノの数が決まっているとも

言います。

しかし、本当にいいことばかりでしょうか?

”モノを減らしましょう”

この言葉だけが強調されてる気がするのです。

不要なモノを全くもたないことでストレスになる人もいます。

(思い切り自分です。。。昔、ガチガチに要らないモノを全部捨てた

ことがあったのですが、何日かしてまた要らないモノを買ってしまった

ことが何度かあります。。。)

なんでもかんでも欲しいものを我慢してまでモノを減らすことは

ないと思うのです。

人生は一度きりです。

持ちすぎはいけないと思うのですが、多少は自分の”本当に”欲しいモノ

”長く大事に”使うものは持って生活する方が楽しいと思います。

それに多少は不要なモノも持っていてもいいと思うのです。

以上をふまえて断捨離のメリットとデメリットを挙げてみます。

(あくまで自分の考えですので気分が害された方はごめんなさい)

メリット

・持っているモノが少ないために部屋がすっきりする

・片付けの時間が少なくてすむ。

・欲しいモノがすぐに見つかる

 

デメリット

・モノが少ないため何か欲しくなりついつい無駄に買ってしまう

・モノが少ないため落ち着かない

(自分だけかもしれませんが。。。)

・捨てた後にやっぱりまた欲しくなり買ってしまった

 

デメリット は自分だけかもしれませんがすぐに思いつくものを

書いてみました。

まとめ

断捨離が悪いとか不要なモノをすべてなくせというわけではありません。

上記のメリットにも書いてあるように断捨離はするべきだと思います。

しかし、少しは不要なモノも持っていてもいいのではないかとも思う

のです。

何事もバランスだと思います。

 

本日もブログを読んでくださりありがとうございます。