全国的に徐々に梅雨になる地域が増え、

少しづつですが気温が上がってきて

寝るときに汗が出るようになりました。

子どもたちも夜寝苦しいのかゴロゴロ

して手や足が寝ている自分の顔に

飛んできます。。。

扇風機をどこに置くと涼しいのか?

今日から寝室に扇風機を置くことに

しました。まだ熱帯夜ではないので

部屋の中の空気を循環させるだけで

涼しく寝れそうです。

(先ほど試してみました。)

しかし、梅雨が明けると寝苦しい日が

やってきます。

エアコンを使えば涼しく寝れるのですが

毎日つけているとお金もかかるし、

涼しくなりすぎて体調を崩してしまいます。

では、お金をかけずに扇風機を使って

涼しく寝るにはどうしたらいいのか?

1.扇風機を外に向ける

寝室の窓を開けて扇風機を外に向けます。

そうすることで部屋の暑い空気が外に

逃げることで部屋の中が涼しくなります。

2.扇風機を窓のそばにおいて外の空気

を取り込む

もう一つの方法はこれも寝室の窓を開けて

扇風機を窓のそばに置きます。

扇風機を回すことで外の空気が

部屋の中に入ってきます。

 

とりあえず2つの方法をあげてみました。

これらの方法の注意点は、

1.外の気温<部屋の気温

2.窓を開けるので外がうるさいと

騒音で寝れない。

3.マンションの1階だと泥棒が心配

ということが挙げられます。

 

これらの方法は自分が学生だった時に

よく使っていた方法です。

昔はエアコンもなかったので

涼しく寝るにはどうしたらいいか考えたり

友だちと話あったりした記憶があります。

なつかしいです。

暑い季節がやってきそうです。

本日もブログを読んでくださり

ありがとうございます。