明日は1月7日。

ということは七草粥ですね!

今年一年の無病息災を祈願するのとお正月で

酷使した胃腸を休めるために1月7日の朝に

食べるお粥のことです。

しかし自分は明日の朝は食べれそうにないの

で夜にでも食べようと思います。

(夜でもいいですよね?)

毎年食べている七草粥ですが、この七つの草

の効用とかどんなのかなと思い調べてみまし

た。

1.芹(せり)

肝臓や大腸、小腸を労わり身体に溜まった

余分な熱や毒素を取り去る作用があるとされ

ています。

2.薺(なずな)

粘膜の免疫力を高める作用のあるビタミンA

やビタミンCも含まれており風邪予防に効果

があります。

3.御形(ごぎょう)

キク科の植物で気管支炎や喉の痛み、皮膚炎

に効果があるとされています。

4.繁縷(はこべら)

歯周病や皮膚炎に外用として用いられた薬草

です。解毒や消炎作用がある他、利尿通便に

も効果があるとのことです。

5.仏の座(ほとけのざ)

キク科の植物で胃を健康に保つ作用や、整腸

作用があるとされます。また食物繊維も豊富

です。

6.菘(すずな)

蕪(かぶ)のことです。消化を助け便秘の解

消に良いそうです。

7.蘿蔔(すずしろ)

大根のことです。これも蕪と同様に消化を助

け便秘の解消に良いです。しかし、蕪と違っ

て大根は体を冷やす効用もあるそうです。

引用 ライブドアニュース

日本人なら知っておきたい!七草の効能

みなさんも疲れた胃腸をお大事に。

本日もブログを読んでくださり

ありがとうございます。