今年の世相を表す漢字が選ばれました。

2016年の漢字はずばり

でした。

リオデジャネイロオリンピックの

日本選手の金メダルラッシュや

政治と金の問題浮上によることらしいです。

 

オリンピックの金メダル。

いろいろ思い出します。

水泳の荻野公介選手、金藤理絵選手、

柔道のベイカー茉秋選手、

体操の内村航平選手、

レスリングの伊調馨選手、

バトミントンの高橋・松友ペア、

他にもたくさんの選手が金メダルを取りました。

記憶に新しいと思います。

 

では、私の2016年の漢字は?

ですね。

ずばり

子どもの教育

です。

二人ともどんどん大きくなって

反抗的な態度もとるようになりました。

こんなときどのように子どもたちに

接すればいいんでしょうか?

自分もカッとなって言い返してしまうんです

よね。。。

そして反省。。。

子どもも同じようでしばらくして謝ってきます。

でも同じことの繰り返しで自分がまいっています。

”また、同じことを言って。”

”もうごめんなさいは信用できん。”

言葉で表すと本当に最低な親ですね。

 

しかし、来年は接し方を変えようと思っています。

いろいろ考えてみたのですが、

まずは”話し合う。”

なぜそんな言い方をするのか?

そんな言い方をすればどうなるか?

気を長く持ってじっくり話してみよう

と思います。

少しづつ。

 

本日もブログを読んでくださり

ありがとうございます。