お金を大切に使える子どもに育つように。

お金が貯まる人になるために

お金の問題は大人、子ども関係なく一生考えないといけないことです。

かといってお金のことばかり考えすぎてもおもしろくないし、

人生お金がすべてではありませんよね。

 

とは言ってもお金はあったほうが自分の夢ややりたいことが増えます。

しかし、お金ってなかなか貯まりませんよね。

 

そこでお金がたまる人の習慣を調べてみて少しでも

お金が貯まるように見習ってみようと思います。

この学んだことを子どもたちにも反映できたらと思います。

 

お金持ちの習慣とは

1.先取り貯金をしている

これは、貯金の王道ですね。先に貯金すべきお金を貯金しておいて

残りのお金で生活する。これは確実に習慣化させたいですね。

 

2.ほしいものはお金を貯めてから買う

クレジットカードで衝動的に買うより、計画的にお金を使うということですね。

 

3.お金に関する勉強をつねにしている

お金に関する知識がないと効率よくお金を貯めることができません。

お金持ちは積極的にお金の勉強をしているようです。

 

4.時間に余裕をもって行動している

何事も余裕をを持って行動すると不必要な出費を抑えれるということですね。

 

5.ものを買う前のルールを決めている

私も似たようなルールを決めています。ほしいものができたら、まずノートに

ほしいものを書き出します。そして、一か月待ってみてそれでもほしい時は

購入するようにしています。

 

6.儲け話にのらず、着実に生活する

儲け話には必ず裏があります。私も経験があります。

やはり堅実にコツコツと生活することが結果的にお金が

貯まっていくということですね。

 

7.すべてを疑う

6にもあてはまりますが、世の中にはおいしい話には必ずといっていいほど

何かカラクリがあります。

よって、どんなことに対しても疑問に思うことが大事だと思います。

 

8.知らないうちにお金が貯まるシステムを構築している

これはしくみを作ることが大事ということですね。

例えば、会社に勤めている人は”財形貯蓄”をするとかですね。

 

9.本当にほしいものを買う

とりあえずこれでいいやと思って買ったものほど、おざなりにして

しまうものです。買う前によく考えて購入することが大事だと思います。

(妥協はダメということですね。)

 

10.なんでもきれいに大切に使う

9にも関連しているのですが、本当にほしいものを購入すると

大切に使うものです。それと、身の回りの物を大切にしきれいに

しておくマメさがお金を貯めることに必要なことなのかもしれません。

 

引用 ライブドアニュース

貯めている人はココが違う!今すぐ真似したい貯蓄習慣とは

lifehacker

ユダヤ富豪じゃなくてもできる10の貯金術

 

子どもたちにもお金の勉強を!

 

子どもたち1

 

 

 

 

私の子どもたちにもお金について少しづつですが教えています。

まだ二人とも幼いので難しいことは教えていませんが、

今は自分で考えることの大切さを主に教えています。

”今自分がいくら持っているか?このお菓子を買うといくらかかるか?

またいくら減るか?”

上のお兄ちゃんにはお小遣い帳をつけるようにしています。

(なかなか続けることが難しいようですが、家に帰ったら

一緒にみてあげようと思います。)

 

また自分の家庭は、”お手伝い+喧嘩をしないとお小遣い制”という

ものを導入しています。

これは一日に

1.お手伝い

2.二人が喧嘩をしないこと

を守るとお小遣いをあげることにしています。

(今は毎日喧嘩ばかりしているのでなかなかお小遣いがもらえない

そうですが。。。)

 

私は、学校の勉強も大切ですが、これから大きくなる子どもは

このような お金の勉強も同じくらい大切になってくると思います。

 

彼らが大きくなると自分たちより確実にお金に大変な時代になると

思うからです。

かといって、お金を残してあげられるほど裕福でもありません。

(まあ、お金を残すだけではその子は結局お金の勉強をしていないと

散財して終わりだと思います。)

 

大きくなって自分の夢ややりたいことが一つでもできるように

私たち親はつねにどうしたらいいか考えるべきだと思います。

 

まとめ

お金が貯まる人の習慣をまとめてみました。

いくつか自分にも当てはまることもありましたが

他の習慣も実践していこうと思います。

 

また子どもたちにも、お金のことをいろいろ教えていこうと

思います。

今は欲しいものだらけで我慢することが大変だと思いますが

うまく教えてあげれたらいいなと思います。

 

今日もブログを読んでくださりありがとうございます。