今年で40歳。

最近加齢臭が気になってきました。

周りに匂っているわけではないですが、自分

が使っている枕の匂いがくさいとか、子ども

から髪を洗ったのに頭が匂うと言われたりと

匂いのことが気になるようになりました。

 

そこで加齢臭についてちょっと調べてみまし

た。

 

加齢臭とは?

一般的に中高年から発せられる独特の匂いの

ことを”加齢臭”と呼びます。この加齢臭とは

ノネナールと呼ばれる物質が原因と言われて

います。

ノネナールは、脂肪酸の一つ「9-ヘキサデセン酸」が皮膚の常在菌や過酸化脂質によって分解されることで発生します。身体の老化や代謝の衰え、コレステロールの増加などから、こうしたプロセスは促進されます。

ほかにも、飽和脂肪酸である「ベラルゴン酸」も「使い古した食用油に似た不快な臭い」、有機化合物の「ジアセチル」が「脂っぽい臭い」など、他社からも加齢臭の原因物質について発表されましたが、現在ではノネナールと相まって、これらさまざまな原因物質が加齢臭を構成していると考えられ、なおも、原因物質についての研究は進められているそうです。

いずれにしても、共通しているのは、加齢とともに現れる代謝の衰えとホルモンバランスの変化が、皮膚上に脂質と老廃物を増やし、酸化や菌の繁殖を促進するということです。

引用 livedoor NEWS

「加齢臭」はどうして出るの? 歳をとるなら仕方ない?

 

一般的には40代からこのノネナールが増加

するそうです。

加齢臭の原因は?

加齢臭の原因は不摂生な生活が考えられてい

ます。

不摂生な生活をしているとノネナールの量が

増加するそうです。不摂生な生活とは

・脂質の過剰摂取

・嗜好品(タバコ、お酒)の摂りすぎ

・運動不足

・ストレスの増加

が挙げられます。

最近、仕事が忙しくストレスも以前より増え

ていますし、食事も夜お菓子とか食べるので

ちょっと控えないといけないと思っています。

加齢臭の対策

1.加齢臭の対策=ノネナールの減少

となります。

ノネナールの生成を抑えるには、抗酸化作用

のある食物を摂ればいいそうです。

抗酸化作用のある食物は、ビタミンCやEを

多く含むもの(ほうれん草やカボチャなど

です。

他にも抗酸化作用があるものには、カテキン

やポリフェノール、βカロテン、イソフラボ

ンがあります。

すぐに摂れるのはカテキンを多く含む緑茶

でしょうか。

2.全身を清潔に保つ

頭髪・頭皮、脇、股間や足など体臭が強く出

るところをつねに清潔に保つことが加齢臭を

抑える基本的な対策になります。

清潔に保つには、

・着替えをまめにする

・身体をタオルで拭く

・歯磨きをする など

が考えられます。

まとめ

加齢臭についてまとめました。

生活習慣の改善とストレスの低減が加齢臭を

抑える一番の近道みたいですね。

一つづつ実践していこうと思います。

 

本日もブログを読んでくださりありがとうご

ざいます。