私も大好きなコーヒーですが、、、

コーヒーには良いところと悪いところがあるようです。

コーヒー豆

 

 

 

以前にもブログに書きましたが、私はコーヒーが大好きです。

家でも飲みますし、コンビニやスターバックスでもよく買って飲みます。

ほぼ1日に1杯は飲んでいます。コーヒーでも、ミルクを入れて飲んだり、

カフェラテにして飲んでもいます。

 

そんなよく飲むコーヒーですが、ふとこんなに日々飲んで大丈夫かと

感じる時がありました。

それにコーヒーには飲みすぎると胃があれるとか、肌があれるとか

よく言われますよね。

そこでコーヒーの作用について少し調べてみました。

コーヒーの良い作用

1.コーヒーに含まれるカフェインは食欲を促進させる効果や、利尿作用、

新陳代謝の促進作用がある

(また、コーヒーを飲んだ後に運動すると痩せやすくなる効果もあります。)

2.豊富な抗酸化物質により肌の張りや老化防止に良い

(シミが減るという報告もあるそうです。)

3.クロロゲン酸やカフェ酸によりがん予防に効果ありとの報告もある

 

コーヒーの悪い作用

1.カフェインは不眠や動悸、偏頭痛などを引き起こしたり、血圧を上げる

といった作用がある

2.空腹時に飲むと胃痛を引き起こす

(特にタバコと一緒に飲むと、タバコが胃粘膜の血流を阻害し、

粘膜が持つ防御機能を低下させ、そこに大量の胃液が流されれば、

胃壁は大ダメージを起こすそうです。。。)

 

引用 healthクリニック

胃に悪い?お肌に悪い?コーヒー7つの誤解を解く

引用 ママスタ・セレクト

お医者さんが教える、コーヒーのウソ・ホント

 

まとめ

調べてみると、良い作用も多くあることがわかりました。

結局、 どの食物も食べ過ぎ、飲みすぎは体に良くないということですね。

コーヒーに入れるミルクやクリームも質が悪いと飲み続けるとかえって不健康に

なる可能性があるそうです。

また、ブラックコーヒーも飲みすぎると痩せるより太ってしまうというデータも。。。

 

コーヒーの効果は奥が深いですね。

調べてみるとまだまだ知らない効果がありそうです。

これからも何かわかればブログにUPしていこうと思います。

(こうしてブログを書いている最中でも家でカフェラテを飲んでいます♪)

 

本日もブログを読んでくださりありがとうございます。