人生を壊す病すべてを予防する食べ物

「畑の肉」である納豆

 

納豆1

 

 

 

 

 

発酵食品の筆頭格である納豆は脳卒中、心疾患、ガン、認知、

骨粗鬆症、糖尿病を予防する食べ物です。

 

私もほぼ毎日納豆を食べています。

植物性発酵食品の納豆と動物性発酵食品のヨーグルトを

摂っているので腸内細菌はかなり良い状態だと思います。

 

大豆を発酵する過程で様々な酵素が生み出されて栄養価が高まるそうです。

そのひとつに、SOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)という

活性酸素を消去する酵素があります。

 

活性酸素とは、、、

体内に侵入した細菌やウイルスを撃退する必要な物質ですが、

人間の細胞の外側にある不飽和脂肪酸と結びつくことで

酸化して過酸化脂質となり、細胞が老化してしまうという

悪い面も持っています。

引用 ビタミネ

老化の原因、活性酸素とは

 

また、血栓を溶かし、血液をサラサラにする溶解酵素、

ナットウキナーゼも含まれています。

 

その他にも、でんぷん、タンパク質、脂肪、食物繊維を

分解する酵素もつくられています。

 

主な栄養素は?

1.ビタミンK

ビタミンKは出血した際に、血液を固めて止血したり、骨の形成

促進したりする栄養素です。血管の健康や骨粗鬆症予防に役立ちます。

2.パントテン酸

皮膚や粘膜の形成維持を助ける栄養素です。

これは大豆の12倍強含まれています。

3.ビタミンB2

糖質、脂肪、タンパク質の代謝を支え、アルコールの分解をサポート。

これも皮膚や粘膜の健康維持といった作用があります。

4.葉酸

ビタミンB12と協力して血液を作ります。

脳卒中や心筋梗塞の予防に効果があるそうです。

5.大豆イソフラボン

美白作用、保湿性の向上といった肌の美容効果、女性ホルモンの

分泌過剰、不足を整え、乳がんなどの発ガンを防ぎます。

 

女優の上戸彩さんも納豆が大好きだそうです。

(1日に6パック食べることもあるそうです!)

引用 NAVER まとめ

美肌の秘訣は納豆?上戸彩も愛する納豆に秘める4つの美容効果

 

 

また、カルシウムの溶出を防ぎ骨密度を保ちます。

ということは、骨粗鬆症を予防するということですね。

 

他にも、”疲労回復ビタミン”と言われるビタミンB1や、

冷え取り、抗酸化の作用が強力なビタミンEも豊富です。

またにんじん1本分の食物繊維も含まれています。

 

さらに、O157大腸菌の繁殖を完全に抑える納豆菌も

持っています。(納豆を食べて24時間経過後には

10万分の1にまで繁殖を抑えれるそうです!)

 

これらの栄養素をまとめてみると女性にとって必要な栄養素

が多く含まれていいることがわかりますね♪

 

いつも勉強させていただいています。

引用している本は以下の本です。

引用先 40歳からは食べ方を変えなさい

済陽高穂 三笠書房

 

 

 

まとめ

納豆は、アミノ酸を含むことから中年太りを防ぐのに欠かせない

食べ物です。

 

これからも積極的に摂りたい食材の一つですね。

 

本日もブログを読んでくださりありがとうございます。