先週親父が亡くなりました

出張で高知に帰省して、仕事が終わってから赴任先に帰っている

ときに弟からメールで、

”親父の心臓が止まりそうやからすぐに帰ってきて。”

 

親父は去年にガンが見つかり、病院にずっと入院していました。

ガンが見つかった時は、すでに全身に転移していてもって3ヶ月と

言われていました。

本当は、治療よりも緩和ケアの病院で余生を過ごしてほしかったのですが

治療をするということで入院していました。

 

毎月、赴任先より帰省した時は、病院にお見舞いに行き様子を見ていました。

先月までは会話もでき食事もとっていましたが、入院先の病院から

これ以上治療はできないと告げられてから一気に体調が悪くなり

も自分で摂れず、先々週には焦点が合わなくなっていると弟が言っていました。

 

覚悟はしていましたが、やはり寂しいです。

弟から亡くなったというメールもらった時、自分は中学生から親元を

離れていましたので、おやじがいなくなったという実感が正直ありませんでした。

 

しかし、冷たくなった親父を見てあ~亡くなったんだなと思いました。

 

とりあえず葬儀が終了し、今はいろいろな手続きでまだバタバタしています。

もう少し落ち着いたら、ブログを再開しようと思います。