台風10号が過ぎ去り、暑い日々が続いていま

す。高知では、15日が台風のピークで雨と風

がすごく吹き荒れていました。

自分は、家にいた、、、わけではなく、

小児科にいました。

実は、上の子が明け方から38度の高熱で吐き

気がするというので、行きつけの小児科に連

絡をしてみました。すると、今日は診察して

いるとのことなので午後から大雨の中、診察

に行ってきました。

病院で熱を測ると37.9度で吐き気も続いて具

合が悪そうでした。

先生に診てもらうと、舌がブツブツしてて

(これはイチゴ舌と言うそうです。)、口の

中の唾液を取ってもらい検査をして、10分

後。。。

バッチリ溶連菌の反応が出てました。

早速マスクをして(溶連菌は感染者のクシャ

ミなどで移る飛沫感染するそうです!)

薬をもらって帰りました。

帰りも風がすごくて車が横揺れしてました。

子供は薬を飲むとすぐに熱が下がり元気に

なってました。

台風の日の大変な1日でした。

まとめ

溶連菌感染症の特徴

  • 高熱
  • 喉の痛み
  • ブツブツした舌
  • 吐き気
  • 重症化すると発疹

潜伏期間

  2日〜5日

感染経路

  • 発症者の咳やクシャミによる飛沫感染
  • 細菌が付着した手で口な鼻に触る接触感染

処方

  抗生剤の服用(服用を途中でやめると再

発するそうです。なので処方された薬は飲み

きることが大事だそうです。)

本日もブログを読んで下さり

ありがとうございます。

著者

syun

家族と地元高知と食べることが大好きなのんびりお父さんの syunが気になること、思ったことを書いていきます。 ブログがやっぱり好きなのでよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です